暗号化ソフトウェアの新バージョン「PGP Desktop Security 7.0.3」を発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

暗号化ソフトウェアの新バージョン「PGP Desktop Security 7.0.3」を発表(日本ネットワークアソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は6月6日、暗号化ソフトウェアの新バージョン「PGP Desktop Security 7.0.3」を発表した。
 今回の新バージョンにはユーザの細かいニーズに応えるべく、メール、ファイル、ディスクの暗号化および署名化のみに機能を限定した「Data Protection Edition」とパーソナルファイアウォールやVPNなどの4つのセキュリティ機能を搭載した「Enterprise Edition」の2形態がある。
 また、新バージョンに強化された点としてはPKIプロバイダである日本ベリサインと提携し、同社のルートキーを搭載したことにある。以前のバージョンでも署名の作成、添付、認証は可能であったが、第三者機関による認証は別途ルートキーの取り込みが必要とされていた。今回の日本ベリサイン社と提携する事により、ルートキーを搭載し、ベリサインのCAの発行する証明書による認証が容易となる。

http://www.nai.com/japan/prelease/pr_01A.asp?pr=01/06/06

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×