Itaniumプロセッサがセキュリティ処理性能で優れた性能値を記録(米インテル) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

Itaniumプロセッサがセキュリティ処理性能で優れた性能値を記録(米インテル)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米インテル社は、独立系ラボの検証結果を基に、次世代の64ビット「Intel Itanium(アイテニアム)」プロセッサが、セキュリティの処理性能で競合他社製品と比べて大幅な性能向上を記録したと発表した。発表によると、800MHzで動作する同プロセッサは、既存のRISCプロセッサと比較して、10倍以上の処理性能を提供するとしており、4個のItaniumプロセッサで構成されたサーバが、ハードウェア・アクセラレーションを実装することなく、1,376以上のセキュリティ・トランザクション処理数を達成したのに対し、同等の仕様となるSun Enterprise 420Rシステムのトランザクション処理数は114だったと報告している。

http://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2001/010412b.htm

 
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×