RSA Conference 2001を開催(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

RSA Conference 2001を開催(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米RSA Securityが主催する「RSA Conference 2001」が米国サンフランシスコ市で4月9日から開催された。このカンファレンスは、1991年より毎年開催されており、最先端の暗号化技術を中心に、多くのセキュリティ・ベンダーよりネットワークのセキュリティ技術などが展示され、同時に多くの製品が発表される。昨年は「PKI元年」といった言葉が多く使用され、今年は「21世紀はPKI世紀」といった言葉が多く使用された模様。また、昨年よりトラック(テーマ)が統廃合され今年は12のトラックとなった。
 恒例のRSAアワードでは、数学部門では楕円曲線暗号の規格化、商業化において多大な貢献をしたことで知られる、Scott Vanstone博士が、産業部門ではeビジネスや金融分野でのセキュリティにおいて、スマートカードを利用したワイアレス関連技術のリーディングデベロッパーである、Gemplusが、社会政策部門では標準化や先進テクノロジーに関する研究などを行っている、NIST AES選定委員会がそれぞれ受賞した。

http://www.rsasecurity.com/conference/rsa2001/intro2.html (英文)

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>


 
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×