新種のワーム「Injustice」の危険度は低いと発表(シー・エス・イー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

新種のワーム「Injustice」の危険度は低いと発表(シー・エス・イー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社シー・エス・イーは3月22日、新種のワーム「Injustice」について危険度は低いと発表した。
 Injusticeワームに感染すると、パレスチナを支持するWebサイトを次々と開き"HELP US TO STOP THE BLOOD SHED!!"というメッセージボックスを表示し、イスラエル兵士に手により殺害されたとされる12歳のパレスチナの子供についての説明をする。その後Outlookのアドレス帳の中の最初の50アドレスおよび25のイスラエルを基にしたアドレスに自身を送信する。なお、Sophosユーザによるこのワームの発見報告は、3月22日現在1件のみである。

http://www.cseltd.co.jp/security/release/010322injusti.htm


 
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×