キーマンズネットが会員情報管理の不備で一部サービスを停止 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

キーマンズネットが会員情報管理の不備で一部サービスを停止

 リクルート社が運営する情報サービス「キーマンズネット」で会員情報が第三者に閲覧可能になっていた。同サービスでは、3月15日に会員にメールと会員向webページで上記問題に関する顛末の告知を行っている。  キーマンズネットでは、会員ごとに個別のページが表示され

製品・サービス・業界動向 業界動向
 リクルート社が運営する情報サービス「キーマンズネット」で会員情報が第三者に閲覧可能になっていた。同サービスでは、3月15日に会員にメールと会員向webページで上記問題に関する顛末の告知を行っている。
 キーマンズネットでは、会員ごとに個別のページが表示されるようになっているが、個別ページアクセスする際に、一定の操作を行うと第三者が会員の情報を閲覧することが可能になっていた。
 2月中旬に、会員から同社に対して、第三者の会員情報が閲覧可能になっているとの指摘があり、同社は2月15日以降、一部サービスを停止し、対策を行ってきた。
 ほぼ、対策は完了しているが、部分的に再開されていないサービスもあり完全なサービス再開は、3月下旬になる見込み。

http://www.keyman.or.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×