管理者権限の盗用を防ぐためにBINDのバージョンについて警告(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

管理者権限の盗用を防ぐためにBINDのバージョンについて警告(JPCERT/CC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 コンピュータ緊急対応センター(JPCERT/CC)は、国内サイトに対する攻撃に利用されていると思われるBINDのセキュリティ上の弱点に関して警告を行った。同センターは、国内にはセキュリティ上の弱点を持つバージョンのBINDを用いてるサイトが多数にのぼり、その結果、管理者権限の盗用が行われているサイトが多数あるものと推測している。そのため、同ソフトを最新のBIND 8.2.3あるいはBIND 9.1.0にバージョンアップし、セキュリティを強化するよう強く勧めている。

http://www.jpcert.or.jp/at/2001/at010003.txt

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×