「SQL Server 7.0 Service Packs 1」と「同2」のインストールルーチンにおけるパスワードセキュリティ問題を修正する英語版プログラムを更新(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

「SQL Server 7.0 Service Packs 1」と「同2」のインストールルーチンにおけるパスワードセキュリティ問題を修正する英語版プログラムを更新(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マイクロソフト株式会社は、「SQL Server 7.0 Service Packs 1」と「同2」のインストールルーチンにおけるセキュリティの脆弱性を修正する英語版プログラムを更新し、新たにリリースした。この問題は、非推奨モードが設定されたマシンでインストールを実行した場合、サーバにログオンできるユーザーなら誰でも読み出すことのできるログファイルに管理者パスワードが記録されてしまうというもの。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS00-035
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×