千葉県外郭団体「千葉県産業振興センター」の会員向けにウイルスメール | ScanNetSecurity
2021.07.27(火)

千葉県外郭団体「千葉県産業振興センター」の会員向けにウイルスメール

 2月25日、千葉県の外郭団体である財団法人千葉県産業振興センターが管理する「ちば−ネット」の会員向けメールに、昨年猛威を振るった「NAVIDAD.A」が配信された。現在、同センターは会員向けに警告メールを配信したほか、被害の拡大を防ぐためサーバーを停止している

製品・サービス・業界動向 業界動向
 2月25日、千葉県の外郭団体である財団法人千葉県産業振興センターが管理する「ちば−ネット」の会員向けメールに、昨年猛威を振るった「NAVIDAD.A」が配信された。現在、同センターは会員向けに警告メールを配信したほか、被害の拡大を防ぐためサーバーを停止している。
 感染経路は、同サービスの会員から。感染したマシンから同センターのメールサーバーへ送信後、会員1,050人にウイルスメールが配信されている。現在の所、苦情などの報告は無い物の、今後感染被害がある物と思われる。「NAVIDAD.A」は、メールソフトのアドレス情報を自動で取得し、自動で送信するため感染力も非常に高い。感染したマシンは、すべてのEXEファイルが実行できなくなるなど、破壊活動もきわめて悪質である。

http://www.ccjc-net.or.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×