RSA SecurID認証トークンのソフトウェア版最新バージョンの出荷を開始(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

RSA SecurID認証トークンのソフトウェア版最新バージョンの出荷を開始(RSAセキュリティ)

 RSAセキュリティ株式会社は、RSA SecurID認証トークンのソフトウェア版最新バージョン「RSASecurID Software Token V2.5」の出荷を開始した。同製品は、SecurIDのワンタイム・パスワード生成機能とワンタイム・パスワードを生成する乱数の素である「シード」からなるソ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 RSAセキュリティ株式会社は、RSA SecurID認証トークンのソフトウェア版最新バージョン「RSASecurID Software Token V2.5」の出荷を開始した。同製品は、SecurIDのワンタイム・パスワード生成機能とワンタイム・パスワードを生成する乱数の素である「シード」からなるソフトウェア。ユーザーのPCにインストールして用い、画面にSecurID認証トークンと同じイメージ画像が表示された時点で本人のみが知る暗証番号を入力すると、シードを素にワンタイム・パスワードが生成される仕組みとなっている。V2.5でWindows 95/98/NTに加え新たにWindows 2000に対応したほか、SecurID 3100スマートカードとの併用が可能となった。またインストールも簡便化されている。価格は500ユーザー・ライセンスで1人あたり4,000円。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/200102211.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×