不正コピー防止ソリューションを次期バージョンのOffice、Windowsなどに導入(米マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

不正コピー防止ソリューションを次期バージョンのOffice、Windowsなどに導入(米マイクロソフト)

 米マイクロソフト社は、不正コピー防止を強化するために、「マイクロソフトプロダクトアクティベーション(ライセンス認証)」およびCD-ROMの全面ホログラム加工を、Windows OSをはじめビジネスソフトの「Officeシリーズ」、グラフィックスソフトの「Visio」含む次期製

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米マイクロソフト社は、不正コピー防止を強化するために、「マイクロソフトプロダクトアクティベーション(ライセンス認証)」およびCD-ROMの全面ホログラム加工を、Windows OSをはじめビジネスソフトの「Officeシリーズ」、グラフィックスソフトの「Visio」含む次期製品に本格的に導入していくと発表した。またこれを受けマイクロソフト株式会社は、国内でも今年発売を予定しているOfficeやWindowsなどの次期製品に関し、ライセンス認証などを導入していくことを明らかにした。同認証は、ユーザーが製品をインストールする際にインターネットまたは電話を通じて行うもので、プロダクトID番号の入力・提示と引き換えにインストールID番号が自動発行され、それらを同社が確認、管理するもの。個人情報などは要求しない。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/releases/020501mpa.htm


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×