接触・非接触共用ICカードを用いて公開鍵暗号を使用した電子マネーを開発(NTTコミュニケーションズ、NTT) | ScanNetSecurity
2020.10.23(金)

接触・非接触共用ICカードを用いて公開鍵暗号を使用した電子マネーを開発(NTTコミュニケーションズ、NTT)

 NTTコミュニケーションズ株式会社と日本電信電話株式会社(NTT)は、市販レベルの接触・非接触共用ICカード(コンビICカード)を用いて、公開鍵デジタル署名を使用する高セキュリティで高速処理が可能な電子マネーを開発したと発表した。この電子マネーは、店舗での支

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NTTコミュニケーションズ株式会社と日本電信電話株式会社(NTT)は、市販レベルの接触・非接触共用ICカード(コンビICカード)を用いて、公開鍵デジタル署名を使用する高セキュリティで高速処理が可能な電子マネーを開発したと発表した。この電子マネーは、店舗での支払いを0.4秒で処理できる高速性を実現した。非接触ICカード上で、公開鍵暗号方式による本格的セキュリティを具備した電子マネーなどの高機能アプリケーションを実用化したのは世界初とのこと。本方式の実現により今後の非接触ICカードの普及に拍車がかかると考えられている。

http://www.ntt.com/NEWS_RELEASE/2001NEWS/0002/0202.html 


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×