広がるWeb改竄被害、各種団体ページの改竄が増加傾向 | ScanNetSecurity
2020.10.22(木)

広がるWeb改竄被害、各種団体ページの改竄が増加傾向

 2月5日から6日にかけて、またもWebの改竄が相次いで発生した。今回発覚したのは東京経済大学をふくむ7件。今回の傾向として各種団体のWebページが改竄が3件と、今年に入り団体のドメインを狙った改竄が増加しつつある。これら団体のサーバーに使われていたOSはいずれも

製品・サービス・業界動向 業界動向
 2月5日から6日にかけて、またもWebの改竄が相次いで発生した。今回発覚したのは東京経済大学をふくむ7件。今回の傾向として各種団体のWebページが改竄が3件と、今年に入り団体のドメインを狙った改竄が増加しつつある。これら団体のサーバーに使われていたOSはいずれも「Windows」。同OSを使用したサーバーが改竄のターゲットにするのが最近の傾向のようである。
 また、修復後に再度改竄が行われるケースも発生しており、ページの修復を行っただけで対策が施されていないなど、国内におけるセキュリティ対策の甘さが、またも露呈する結果となった。


・東京経済大学
http://autonomia.k2.tku.ac.jp
・揖斐川町商工会
http://www.aibi.or.jp
・アドバイス互助会
http://www.advice.or.jp
・社団法人大阪市阿倍野区医師会
http://www.abeno-med.or.jp
・高速情報通信システム株式会社
http://www.hits.ad.jp
・アクティブ
http://www.activeinc.co.jp
・ニューホライズンジャパン
http://ngy.newhorizons.co.jp


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×