DNSサーバソフトウェアに危険性の高い脆弱点を発見(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

DNSサーバソフトウェアに危険性の高い脆弱点を発見(日本ネットワークアソシエイツ)

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は1月30日、米ネットワークアソシエイツ社の一事業部であるCOVERTが、ISC(Internet Software Consortium)が提供するBIND4、BIND8 DNSサーバソフトウェアで危険性の高い脆弱点を発見したと発表した。  BINDは、インターネットの

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は1月30日、米ネットワークアソシエイツ社の一事業部であるCOVERTが、ISC(Internet Software Consortium)が提供するBIND4、BIND8 DNSサーバソフトウェアで危険性の高い脆弱点を発見したと発表した。
 BINDは、インターネットのドメイン名を管理するインフラストラクチャの中核であり、アタッカーがこれらの脆弱点を利用したサービス拒否アタック、ドメイン名のハイジャックなどを仕掛けるおそれがある。COVERTとISCが協力し作成されたパッチは、以下から入手することができる。

http://www.nai.com/japan/pgp/advisorybind0101.asp



《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×