日本国内で相次いでWeb改竄が発生 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

日本国内で相次いでWeb改竄が発生

製品・サービス・業界動向 業界動向

 26日金曜日から週末にかけて、国内でのweb改竄が相次いだ。中には、レンタルサーバ事業を営む団体も含まれている、この日だけで10件以上の改竄が行われている。中でもPrime Suspectzと呼ばれるクラッカーによる被害が多い。今回発覚したのは、下記団体のサーバーで、いずれも本来のページとは全く関係の無いページに改竄されており、英文でセキュリティを破壊したという旨の文などが記載されている。

国際通信経済研究所
http://linux.rite-i.or.jp/
岩井情報開発
http://server.ijks.com/
神田女学園高等学校
http://server.kandajogakuen.ed.jp
ウィンテムインターネットサービス
http://www.wintem.ne.jp/
いわき グループ
http://www.iwaki.gr.jp
OSC
http://www.ocs.ne.jp
日喜商事
http://www.hinomarugroup.co.jp
三広メディカル
http://tiger.sanko-medical.co.jp
ミヤ産業
http://www.3835.co.jp
日本漫画研究連盟公式ホームページ
http://www.manren.com
ワタスイ
http://www.watasui.com
オークハウス
http://www.whatsuptokyo.com
ライフプランニング
http://www.l-planning.com
Under Water Digital Imaging Lab., Inc.
http://www.answer-online.com
Momotarou Office
http://www.momotaroutimes.com
医療法人社団浅ノ川金沢循環器病院
http://nat.kanazawa-heart.or.jp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×