ドミノサーバ上のファイルにアクセス可能となるセキュリティ問題について報告(ロータス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

ドミノサーバ上のファイルにアクセス可能となるセキュリティ問題について報告(ロータス)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ロータス株式会社は、ドミノサーバR5のファイルシステムへアクセスが可能になるセキュリティ問題について発表した。同問題は、HTTPタスクが起動しているドミノサーバ上にあるファイルを、ブラウザから読みとることができるというもので、アクセスできる範囲はファイルシステム全体に及んでいる。対象となるのはR5.0からR5.0.5まで(英語版はR5.0.6も含む)。同社は現在、この問題を修正したR5.0.6aの開発作業を進めており、準備ができ次第提供するとのこと。なおサイトには問題を回避する方法やFAQが掲載されている。

http://www.lotus.co.jp/home.nsf/Content/DP7_Notes_Domino_R50_Traversal

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×