学校法人のサイトが同一犯によって連続改竄 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

学校法人のサイトが同一犯によって連続改竄

製品・サービス・業界動向 業界動向

 1月23日未明、日本にある学校法人のサイトが同一犯によって連続改竄されていた。改竄されていたのは、学校法人電子開発学園九州と北海道早稲田情報科学専門学校の2校。いずれもMMSというクラッカーによって、トップページの改竄が行われている。改竄されたページには「Ownz by Mercurio_II」というタイトルの英文が記載されており、本来のページとは全く関係の無い写真が掲載されていた。
 北海道早稲田情報科学専門学校は復旧しているが、学校法人電子開発学園九州のページは24日現在も改竄されたままである(註:現在は復旧済み)

学校法人電子開発学園九州
http://www.sec.edc.ac.jp/
北海道早稲田情報科学専門学校
http://www.wise.ac.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×