Linuxサーバに感染するウィルス(ワーム)"Ramen"が発見される | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

Linuxサーバに感染するウィルス(ワーム)"Ramen"が発見される

製品・サービス・業界動向 業界動向

 エフ・セキュア社は、18日、Linuxサーバに感染するウィルス(ワーム)"Ramen"(ラーメン)に関する警告を発表した。
 このワームは、Red Hat 6.2/7.0の2つの脆弱性を見つけて感染してゆく。感染すると、デフォルトページを「RameN Crew - Hackers looooooooooooove noodles.」と書き換える。Red Hat 6.2/7.0の脆弱性は、すでに解決されており、同社のwebから対処をダウンロードできる。Ramenは、我が国の代表的な麺類ラーメンからとった名称といわれている。LinuxをはじめとするUNIXは、webサーバなどインターネット・サーバの主力をになっているが、アンチウィルス・ソフトは、エフ・セキュア社、CSE社が出している程度で数が少ない。

http://www.f-secure.com/v-descs/ramen.shtml(英文)
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×