「RealSecure Server Sensor5.5」を出荷(インターネットセキュリティシステムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

「RealSecure Server Sensor5.5」を出荷(インターネットセキュリティシステムズ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 インターネットセキュリティシステムズ株式会社は1月15日、不正侵入検知ソリューションの「RealSecure」に新たに加わった不正侵入検知センサー「RealSecure Server Sensor」の出荷を開始した。
 「RealSecure Server Sensor」はネットワーク型とホスト型の両方の不正侵入検知技術のハイブリッド型となっている。保護対象となるマシンに出入りするネットワークパケットを監視する。その他、高速ネットワークへの対応、保護対象マシンでのファイアウォール機能、フォルスポジティブ(怪しく見える正常な動作の検出)の削減等の機能を持っている。
 同社はこの「RealSecure Server Sensor」を従来の同社のハッカー対策ソリューションに加えることにより、より強力な不正侵入検知ソリューションの提供をしていく。

http://www.isskk.co.jp/company/press_office/press01/RSSS55J_011501.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×