記録データ改竄や不正アクセスを防止するLinux製品「パケットブラックホール」を販売(レーザーファイブ) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

記録データ改竄や不正アクセスを防止するLinux製品「パケットブラックホール」を販売(レーザーファイブ)

 レーザーファイブ株式会社は、ナカガワメタル、ネットエージェンと業務提携を結び、記録データ改竄や不正アクセスを防止するLinux製品「パケットブラックホール」の販売を開始することを発表した。出荷は2月5日より。同製品は、ネットワークを流れる通信を完全に記録す

製品・サービス・業界動向 業界動向
 レーザーファイブ株式会社は、ナカガワメタル、ネットエージェンと業務提携を結び、記録データ改竄や不正アクセスを防止するLinux製品「パケットブラックホール」の販売を開始することを発表した。出荷は2月5日より。同製品は、ネットワークを流れる通信を完全に記録するアプライアンス。既存ネットワーク環境を殆ど変えずに導入可能で、物理的なパケットの流れがネットワークから同製品への一方向になっているため、不正攻撃を仕掛けてくる悪質なクラッカーや一般ユーザーからは全く見えないまま、そのネットワーク上での全ての行動を記録できるのが特徴。

http://www.laser5.co.jp/press/010111.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×