感染力の強いワーム「W95.HYBRIS」を警告(シマンテック) | ScanNetSecurity
2020.10.23(金)

感染力の強いワーム「W95.HYBRIS」を警告(シマンテック)

 シマンテック株式会社は1月12日、2000年9月下旬に発見されていたが、感染被害報告が急増しているワーム「W95.HYBRIS」を警告するとともに、検出及び修復ツールの無償提供を1月12日より開始した。  電子メールに感染しメールの件名やファイル名をランダムに変える同ウ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 シマンテック株式会社は1月12日、2000年9月下旬に発見されていたが、感染被害報告が急増しているワーム「W95.HYBRIS」を警告するとともに、検出及び修復ツールの無償提供を1月12日より開始した。
 電子メールに感染しメールの件名やファイル名をランダムに変える同ウイルスは、添付ファイルを実行するとWindowsのシステムファイルである”WSOCK32.DLL”の改変を行い、全ての送信メールに対してワームのコピーを添付したメールを送信する。更に、alt.comp.virusというニュースグループに接続を試み、成功すると自分自身のプラグインを暗号化されたフォームとしてアップロードするか、新しいプラグインが存在した場合にはそれをダウンロードする。そのため現在発見されているexe、scr以外の新たなファイル形式にも感染する危険性を持っている。

http://www.symantec.com/region/jp/news/year01/010112.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×