新種ウイルス「W32/Hybris」への感染を警告(情報処理振興事業協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

新種ウイルス「W32/Hybris」への感染を警告(情報処理振興事業協会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 情報処理振興事業協会(IPA)は、昨年9月発見以後、広がりを見せている新種ウイルス「W32/Hybris」への感染警告を呼びかけている。同ウイルスは、ウイルス自身を添付したメールを自動送信することにより感染を広めるタイプで、これまで多かった一斉送信型とは違い、受信メールやWebサイトからメールアドレスを取得してメールを送信するため、メールをやりとりしたことのない、まったく関係のない相手からも届くことがあるのが特徴。感染したパソコンが日本語環境の場合は、差出人、件名、本文が空白ののっぺらぼうメールで、添付ファイルは「ランダムな8文字のアルファベット」+「.exe」の名称となり、また、海外から送信された場合は、差出人が「Hahaha」で件名、本文等が入っている。現在は感染パソコンを破壊するような症状はないが、将来的に破壊等の発病機能を持った亜種、変種が出現する可能性もあるため、同協会では、該当するようなメールが届いた場合、添付ファイルは絶対に実行せず、速やかに削除することを奨めている。

http://www.ipa.go.jp/security/topics/hybris.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×