デジタル証明書管理システム「RSA Keon Certificate Server 5.5」がCheckPoint社のOPSEC認定を取得(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

デジタル証明書管理システム「RSA Keon Certificate Server 5.5」がCheckPoint社のOPSEC認定を取得(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米RSA Security社は、同社のデジタル証明書管理システム
「RSA Keon Certificate Server 5.5」が、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ社のOPSEC(Open Platform for Security)に認定されたと発表した。同認定は、Keon Certificate Serverがチェックポイント社の
Secure Virtual Network(SVN)アーキテクチャーならびに他の数多くのセキュリティ・コンポーネントと相互運用可能なことを証明するもので、これによりユーザーは相互運用性と基本的なポリシー定義が保証された製品と同システムとを組み合わせて最適なセキュリティ環境を構築することが可能となる。
http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/200101021.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×