インターネット高速暗号処理ボード「CryptoSwift」が128ビットSSL対応セキュアサーバのパフォーマンスを向上(日本ベリサイン株式会社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

インターネット高速暗号処理ボード「CryptoSwift」が128ビットSSL対応セキュアサーバのパフォーマンスを向上(日本ベリサイン株式会社)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 12月18日、大和総研が販売を行う「CryptoSwift」とベリサイン・グローバル・サーバIDが、大和証券のオンライン・トレードに採用され、128ビットSSL暗号化による高度なセキュリティとウェブサーバの負荷軽減を実現したと発表された。
 データ暗号化の強度が2の88乗倍まで高まるため、大和総研が40ビットSSLから128ビットSSLに変更する検証を行ったところ、ウェブサーバの負荷が4倍になることがあると解った。この問題に対し「CryptoSwift」を導入すると、暗号処理件数が30倍以上に高まり、かつレスポンスタイムも15秒から2秒以下に短縮された為、両社では今後顧客へのソリューション提案を協調して推進するもよう。

http://www.verisign.co.jp/press/2000/pr141_CryptoSwift.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×