違法コピー撲滅キャンペーン第三弾として「BSA違法コピーホットライン」の広告活動を展開(ビジネス ソフトウェア アライアンス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

違法コピー撲滅キャンペーン第三弾として「BSA違法コピーホットライン」の広告活動を展開(ビジネス ソフトウェア アライアンス)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 コンピュータソフトウェアの権利保護を目的とした米国の非営利団体、ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は、男性週刊誌、情報誌、主要コンピュータ雑誌および新聞を通じて、「BSA違法コピーホットライン」告知広告を開始した。この広告活動は違法コピー撲滅キャンペーンの一環として行われているもので、会社員などの組織内ユーザーに、組織内違法コピーに関する通報受付窓口としての「BSA違法コピーホットライン」の存在を知らせることに加え、違法コピーに対する認識を高めてもらうこと、違法コピーに関する情報提供を促進することを目的としている。なお今回の新聞、雑誌広告と連動して、大阪地区の地下鉄車内での広告活動も展開していく。

http://www.bsa.or.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×