Internet Infomation Servicesのセキュリティホールに対する対策(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

Internet Infomation Servicesのセキュリティホールに対する対策(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マイクロソフトは11月6日、Microsoft Internet Infomation Services 5.0のセキュリティホールに対する英語版修正プログラムをリリースしたが、さらに11月21日、新たなセキュリティホールが発表された。
 このセキュリティホールを利用することにより、悪意のあるユーザーは標的とするWebサーバー上でオペレーティングシステムのコマンドを実行することができる。また更に11月30日、IIS5.0の修正プログラムにもセキュリティホールが見つかったため、マイクロソフトでは最新の修正プログラムを適用するよう呼びかけている。尚、日本語版個別モジュールは現在準備中。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS00-086
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×