時価会計関連サービスにベリサインのPKIを採用(ベリサイン) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

時価会計関連サービスにベリサインのPKIを採用(ベリサイン)

 日本ベリサイン株式会社は11月28日、大和證券SBキャピタルマーケッツ株式会社(大和SBCM)がベリサインの電子認証ソリューション 「Go Secure!サービス for Web Applications」を採用、また専用のPKIとデジタル証明書を採用したと発表した。  今回ベリサインの電子認

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本ベリサイン株式会社は11月28日、大和證券SBキャピタルマーケッツ株式会社(大和SBCM)がベリサインの電子認証ソリューション
「Go Secure!サービス for Web Applications」を採用、また専用のPKIとデジタル証明書を採用したと発表した。
 今回ベリサインの電子認証ソリューションおよびPKI、デジタル証明書の採用により大和SBCMは、インターネット上で債権ポートフォリオに関連する業務は高度な安全性を実現することができる。
 また、大和SBCMはデジタル証明書を利用するためのPKI基盤をベリサインにアウトソースすることにより、複雑かつコストの高い業務に煩わされることなく高度なPKIサービスを管理することが可能となる。

http://www.verisign.co.jp/press/2000/pr135_daiwasbcmcase.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×