時価会計関連サービスにベリサインのPKIを採用(ベリサイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.23(水)

時価会計関連サービスにベリサインのPKIを採用(ベリサイン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本ベリサイン株式会社は11月28日、大和證券SBキャピタルマーケッツ株式会社(大和SBCM)がベリサインの電子認証ソリューション
「Go Secure!サービス for Web Applications」を採用、また専用のPKIとデジタル証明書を採用したと発表した。
 今回ベリサインの電子認証ソリューションおよびPKI、デジタル証明書の採用により大和SBCMは、インターネット上で債権ポートフォリオに関連する業務は高度な安全性を実現することができる。
 また、大和SBCMはデジタル証明書を利用するためのPKI基盤をベリサインにアウトソースすることにより、複雑かつコストの高い業務に煩わされることなく高度なPKIサービスを管理することが可能となる。

http://www.verisign.co.jp/press/2000/pr135_daiwasbcmcase.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×