情報通信ネットワーク安全・信頼性対策実施登録規程等を改定(郵政省) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

情報通信ネットワーク安全・信頼性対策実施登録規程等を改定(郵政省)

 郵政省は、新たにインターネット・サービス・プロバイダー等の第二種電気通信事業者を対象として、情報セキュリティ対策が実施されている情報通信ネットワークを示す登録種類(C種)を設けるため、同関連規程の一部改正を行うことを発表した。改定されるのは昭和62年郵

製品・サービス・業界動向 業界動向
 郵政省は、新たにインターネット・サービス・プロバイダー等の第二種電気通信事業者を対象として、情報セキュリティ対策が実施されている情報通信ネットワークを示す登録種類(C種)を設けるため、同関連規程の一部改正を行うことを発表した。改定されるのは昭和62年郵政省告示第74号(情報通信ネットワーク安全・信頼性対策実施登録規程)で、ハッカー対策等の情報セキュリティ対策の一方策として新たな登録の種類(C種)を設けることにより、情報通信ネットワークの安全・信頼性の向上を促進させようとするもの。また同時に、安全・信頼性対策の指標として定めている昭和62年郵政省告示第73号(情報通信ネットワーク安全・信頼性基準)の基準にモバイルインターネット接続サービスにおける安全・信頼性対策等を追加することも発表した。これは、安全・信頼性基準として、モバイルインターネット接続サービス等において多発する障害等に対する基準を追加し、情報通信ネットワークの安全・信頼性を確保していくもの。

http://www.mpt.go.jp/pressrelease/japanese/denki/001114j601.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×