Windows 95/98/98SEが実装しているIPX/SPXプロトコル(NWLink)が抱えるセキュリティ問題を修正する英語版プログラムを公開(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

Windows 95/98/98SEが実装しているIPX/SPXプロトコル(NWLink)が抱えるセキュリティ問題を修正する英語版プログラムを公開(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マイクロソフト株式会社は、Windows 95/98/98SEが実装しているIPX/SPXプロトコル(NWLink)が抱えるセキュリティ上の問題を修正する英語版プログラムをリリースした。問題は、実装上の問題により、パケット中の送信元のネットワークアドレスが意図的にブロードキャストアドレスに書き換えられていても、NWLinkはIPX Pingパケットに応答してしまう点で、これにより、悪意のあるユーザーは一回のping要求が引き起こすブロードキャストを使用して攻撃を実行し、マシンやネットワークをダウンさせることができる。なお、日本語版は現在準備中。

http://www.microsoft.com/japan/security/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×