公開鍵インフラによるVPNのセキュリティ提供のためRSA社と提携(エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2021.11.30(火)

公開鍵インフラによるVPNのセキュリティ提供のためRSA社と提携(エフ・セキュア)

 エフ・セキュア社は11月22日、RSA社のセキュアドパートナー・プログラムに参加し、F-Secure VPN+とRSA社のKeon PKIソフトウェア間の相互運用性をサポートしていくと発表した。  同プログラムの一環として、F-Secure社のVPN+がRSA社の製品、技術と互換性があることを示

製品・サービス・業界動向 業界動向
 エフ・セキュア社は11月22日、RSA社のセキュアドパートナー・プログラムに参加し、F-Secure VPN+とRSA社のKeon PKIソフトウェア間の相互運用性をサポートしていくと発表した。
 同プログラムの一環として、F-Secure社のVPN+がRSA社の製品、技術と互換性があることを示す「RSA Keon Ready」の認定を受けた。また、両製品の相互運用性によりF-Secure VPN+は簡易認証受信プロトコル、認証撤回リストなどの全面的な公開鍵インフラ・サポートを提供することが可能となる。さらに、エフ・セキュア社はあらゆる主力スマートカード、スマートカード・リーダ、スマートカード・プロファイルに対してもサポートを提供していく。

http://www.F-Secure.com/ (英文)

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×