CATV等の常時接続に関する被害相談も〜10月のコンピュータ不正アクセス被害届出状況(情報処理振興事業協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

CATV等の常時接続に関する被害相談も〜10月のコンピュータ不正アクセス被害届出状況(情報処理振興事業協会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 情報処理振興事業協会(IPA)は、10月のコンピュータ不正アクセス被害届出状況を発表した。被害届出は10件。内訳は侵入に係わるものが3件、オープンプロキシ利用が1件、メール中継が3件、メールアドレス詐称が3件あった。また、CATV網において常時接続しているパソコン上で共有可能になっているドライブへのウイルスの感染や不正アクセスツールの埋め込みによる被害の相談が複数寄せられた。ADSL、ISDN、CATVなどの常時接続、テレホーダイ等の長時間接続の環境の普及にともなって、不正アクセス被害も増加している。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20001110/0010hd.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×