特定のウイルス定義ファイルで、マシンの動作が遅くなる不具合が発生(シマンテック) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

特定のウイルス定義ファイルで、マシンの動作が遅くなる不具合が発生(シマンテック)

 シマンテックは、同社が販売しているアンチウイルスソフト「Norton AntiVirus」で、2000年11月6日の定義ファイルを使用することにより、マシンの動作が遅くなるなどの不具合が発生することを発表した。この不具合が発生する要因として、ウイルスのスキャン処理に時間が

製品・サービス・業界動向 業界動向
 シマンテックは、同社が販売しているアンチウイルスソフト「Norton AntiVirus」で、2000年11月6日の定義ファイルを使用することにより、マシンの動作が遅くなるなどの不具合が発生することを発表した。この不具合が発生する要因として、ウイルスのスキャン処理に時間がかかるためとしており、ファイルの損失や紛失、システムの破損、ウイルス検出能力の低下などの現象が発生する事は無い。
 すでに2000年11月9日以降のウイルス定義ファイルでは、この不具合が発生しないことを確認されているので、LiveUpdate機能などを用いてアップデートする事が推奨されている。
 なお、先日も日本ネットワークアソシエイツの「VirusScan」でも同様の不具合が発生したばかりで、3大アンチウイルスソフトと呼ばれる製品の不具合が相次いでいる。

不具合に関するお知らせ
http://www.symantec.com/region/jp/support/20001110.html
ウイルス定義ファイルダウンロードサイト
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/download.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×