ファイル感染型ウイルス「PE_MTX.A」の国内被害、なおも増加(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.20(日)

ファイル感染型ウイルス「PE_MTX.A」の国内被害、なおも増加(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は、ファイル感染型ウイルス「PE_MTX.A」の国内被害報告がなおも増加していることを受け、再々警報を発した。「PE_MTX.A」は9月中旬に発見されたウイルスで、感染したマシンはアンチウイルスソフトメーカーなどのサイトに接続できなくなるなど、インターネット接続を妨害する能力を持っている。このため、同社では対策ページを用意するとともに、感染者向けの専用ページを用意している。
 すでに国内での感染報告は900件を越えており、同社では注意を促すとともに、パターンファイル797以降の適用、検索エンジンVer.5.200以降へのアップデートをすすめている。
 なお、1ヶ月ほど前には、同社だけでなく、シー・エス・イーや、情報処理振興事業協会(IPA)なども再警報を発していた。

「PE_MTX.A」対策専用Web
http://www.trendmicro.co.jp/mtx/index.htm
感染者向けページ
http://www.vaccinebank.or.jp/mtx/index.htm


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×