複数の既存システムから必要なデータだけを取り出せるソリューション「LDAP Data Gateway」を発表(エーティーエルシステムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

複数の既存システムから必要なデータだけを取り出せるソリューション「LDAP Data Gateway」を発表(エーティーエルシステムズ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社エーティーエルシステムズは、複数の既存システムからユーザーニーズに応じて必要なデータだけを取り出せるソリューション「LDAP Data Gateway」を発表した。同ソリューションは、TCP/IPネットワークでディレクトリデータベースにアクセスするためのプロトコルであるLDAPのフレームワークを活用し、オープン・ソースの規格・プログラムと組み合わせることにより、データが各専用プログラムに分散して保持されているシステムにおいても、必要なデータを、横断的に抽出することを可能としたもの。同社は、ソリューションの提供とともに、顧客の業務フローに応じた既存のシステムからのデータ抽出・他のシステムとの連携などのコンサルティングを中心にサービス提供を行っていく。価格は2百万円〜。

http://www.atl-systems.co.jp/newsrelease/index.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×