ネットワークへの不正侵入を検知し自動的に対抗するセンサーを発売(横河電機) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

ネットワークへの不正侵入を検知し自動的に対抗するセンサーを発売(横河電機)

 横河電機株式会社は、ネットワークへの不正侵入を検知するシステムを搭載した専用ハードウエアを国内で初めて開発、発売した。同製品はインターネットセキュリティシステムズ(ISS)との提携により開発したもので、製品名はネットワーク侵入センサー「IS700」「IS1000

製品・サービス・業界動向 業界動向
 横河電機株式会社は、ネットワークへの不正侵入を検知するシステムを搭載した専用ハードウエアを国内で初めて開発、発売した。同製品はインターネットセキュリティシステムズ(ISS)との提携により開発したもので、製品名はネットワーク侵入センサー「IS700」「IS1000」。ISS社の不正侵入検知システム「RealSecure Network Sensor」を搭載し、通常のパソコンの約20倍の大容量バッファによりパケットを確実に捉えることができるのが特徴。また、ハードウエアそのものが攻撃対象とならないよう、ネットワークに接続するポートはIPアドレスを持たないステルス仕様となっている。対象ネットワークに接続するだけで監視を開始するなど、設置・運用も簡単。価格はWindowsNT対応の「IS700」で60万円〜、UNIX対応「IS1000」は120万円〜。

http://www.yokogawa.co.jp/News/press/0010/001004.htm


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×