IIS 4.0、5.0のWebサーバフォルダへの侵入問題を修正する英語版プログラムをリリース(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

IIS 4.0、5.0のWebサーバフォルダへの侵入問題を修正する英語版プログラムをリリース(マイクロソフト)

 マイクロソフト株式会社は、IIS 4.0、5.0のWebサーバフォルダへの侵入問題を修正する英語版プログラムをリリースした。危険性が高いセキュリティホールのため、同社はこれらを使用しているすべてのユーザーに対し、この脆弱性の修正プログラムを直ちに適用することを強

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マイクロソフト株式会社は、IIS 4.0、5.0のWebサーバフォルダへの侵入問題を修正する英語版プログラムをリリースした。危険性が高いセキュリティホールのため、同社はこれらを使用しているすべてのユーザーに対し、この脆弱性の修正プログラムを直ちに適用することを強く勧めている。なお、この修正プログラムは、元々は、全く別の脆弱性(Microsoftセキュリティ情報MS00-057)を修正するために8月にリリースされたもので、既にこの修正プログラムを適用している場合は、新たな対応策を講じる必要はないとのこと。同問題は、IIS 4.0および5.0における正規化エラーにより、特定の種類の誤ったURLが、Webフォルダを含む論理ドライブ上のいずれかのファイルやフォルダへのアクセスに使用される場合があるために起こるもので、この結果、Webサイトを訪問した悪意のあるユーザーは、そのコンピュータのほかの権限を取得できる場合がある。

http://www.microsoft.com/japan/security/


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×