iモードとローソン店舗を活用した新ECサービス会社「アイ・コンビニエンス」を設立(ローソン、松下電器産業、三菱商事、NTTドコモ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.28(月)

iモードとローソン店舗を活用した新ECサービス会社「アイ・コンビニエンス」を設立(ローソン、松下電器産業、三菱商事、NTTドコモ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社ローソン、松下電器産業株式会社、三菱商事株式会社、株式会社NTTドコモの4社は、モバイルECサービスの本格的な展開を目指し「株式会社アイ・コンビニエンス」を設立することで合意したと発表した。新会社は「iモード上のコンビニ」を目指し、現行のiモード端末や次世代携帯電話を利用し様々な商品の注文を受けると同時に、ローソンが全国47都道府県に持つ7500店以上の店舗網並びに物流網等を生かして、24時間で代金決済や商品受渡しを行えるサービスを提供する。また同店舗内に設置しているマルチメディア端末「Loppi」やPOSレジ等との連動により、iモードを通じて付与されるポイントを店頭での買い物に利用できるサービスや、iモード上の様々な情報をローソン店頭のプリンタでプリントできるサービスも提供する。サービス開始は2001年3月の予定。

http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/00/whatnew1005.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×