RSA BSAFE、RSA KeonへAESアルゴリズムの実装を表明(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

RSA BSAFE、RSA KeonへAESアルゴリズムの実装を表明(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 2000年10月2日、「Rinjdael」(ラインダール)共通鍵暗号アルゴリズムが、AES(米国政府の次世代標準暗号化方式)の最終候補として挙げられたことを受け、米RSA Securityは、「RSA BSAFE暗号化ツールキット」や、「RSA Keon PKIシステム製品」に同アルゴリズムを採用すると発表した。
 同社は今後、AESを最適化した上で、自社製品に加えるとしており、ユーザーが簡単に利用できるようなソリューションを提供していくとしている。また、現在までに締結されているライセンシーに関しても、「メンテナンスおよびアップグレード契約」内で追加利用することが出来る。
 なお、AESを搭載した「RSA BSAFE Crypto-C」「RSA BSAFE Crypto-J」の販売は2000年末を予定している。

http://www.rsasecurity.co.jp/

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×