情報機器のためのセキュリティ評価認証制度を来年度創設(通産省) | ScanNetSecurity
2022.05.18(水)

情報機器のためのセキュリティ評価認証制度を来年度創設(通産省)

 通産省の機械情報産業局情報セキュリティ政策室は、電子政府の基盤構築のために、政府が利用するIT関連製品(ハードウェア/ソフトウェア/システム)のセキュリティ機能・品質をチェックする「セキュリティ評価認証体制」を平成13年度から創設し、運営を開始すると発

製品・サービス・業界動向 業界動向
 通産省の機械情報産業局情報セキュリティ政策室は、電子政府の基盤構築のために、政府が利用するIT関連製品(ハードウェア/ソフトウェア/システム)のセキュリティ機能・品質をチェックする「セキュリティ評価認証体制」を平成13年度から創設し、運営を開始すると発表した。具体的には、来年4月より発足予定の独立行政法人 製品評価技術基盤機構に認証プログラムを整備し、本制度で認定された評価機関からの評価結果を受けて製品やシステムの認証を行い、認証書を発行する。また、今年度内を目途に、政府における具体的な利用の在り方を示す「各省庁の調達におけるセキュリティ水準の高い製品等の利用方針」を、総務庁等関係省庁と連携してとりまとめる予定。

http://www.miti.go.jp/kohosys/press/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×