Java Cardを利用した次世代ICカードシステムについて共同で研究・開発(慶應義塾、NTTデータ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

Java Cardを利用した次世代ICカードシステムについて共同で研究・開発(慶應義塾、NTTデータ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 学校法人 慶應義塾と株式会社NTTデータは、Java Cardを利用した次世代ICカードシステムについて研究・開発していくため共同プロジェクトを発足した。次世代ICカードは、カード上に汎用OSを搭載し、発行後に新機能やアプリケーションの追加が可能なのが特徴。本プロジェクトでは、新規サービスの開発と同時に、複数のサービスを一枚のカードで実現するための環境や運用方法等の検討を含めた総合的な次世代ICカードの開発を目的とし、キャンパスでの利用をはじめ、ネットワーク認証などのセキュリティ技術、各業界をまたがる新サービスについて開発を進め、将来的には社会的インフラとしての事業展開を目指していく。また研究対象は、利用用途が広く将来性が注目されるJava Cardに絞り込んでいる。今後の取り組みとしては、NTTデータの開発した「非接触ICカード入退室管理システム」とセキュリティ用の非接触ICカードを新設の実験研究施設を中心に順次導入。非接触型ICカードにJava Card用接触型ICチップを埋め込むことで、一枚のカードで両機能の実現を目指す。

http://www.nttdata.co.jp/profile/release/120918.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×