ラテンアメリカの大手9銀行が、RSA SecurIDを採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2022.05.28(土)

ラテンアメリカの大手9銀行が、RSA SecurIDを採用(米RSA Security)

 米RSA Securityは9月13日、ラテンアメリカの大手銀行9社が、オンライバンキング認証用に「RSA SecurID」を採用したことを発表した。  今回採用を決定した銀行はMBA Financiero、メキシコのBanorte、ペルーのBanco de Credito de Peru、Giro Curacao、グアテマラのBa

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSA Securityは9月13日、ラテンアメリカの大手銀行9社が、オンライバンキング認証用に「RSA SecurID」を採用したことを発表した。
 今回採用を決定した銀行はMBA Financiero、メキシコのBanorte、ペルーのBanco de Credito de Peru、Giro Curacao、グアテマラのBanco de CafeenGuatemala、ブラジルの Bank Boston Brazil、チリのBanco de Estado、ベネズエラの Banco Industrial de Venezuela、パナマのBanco de Itsmo。各社はサービスのオンライン化を控えており、サービスを利用する顧客と銀行間の認証に「RSA SecurID」を使用。安全性が確保された取引環境を用意する。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/200009132.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×