Samba 2.0.7 日本語版のSWATに重大なセキュリティ上の問題があると発表(日本Sambaユーザ会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

Samba 2.0.7 日本語版のSWATに重大なセキュリティ上の問題があると発表(日本Sambaユーザ会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本Sambaユーザ会は、Samba 2.0.7 日本語版のSWAT(Samba Web管理ツール)に重大なセキュリティ上の問題があると発表した。この問題は、SWATのCGIセッションのデバッグフラグを有効にしたままリリースしてしまったため、同ツール利用時のアカウントのパスワードがログに残ってしまうというもの。当面の回避方法としては、SWATを使わないか /tmp/cgi.log ファイルのアクセス権を600に、所有者をrootに修正することをあげている。また、同協会は修正したソースアーカイブやパッチも公開している。対象バージョンはSamba 2.0.7 日本語版(バージョン 0.98以降のCVSのスナップショットも含めてすべてのリビジョン)のSWAT。Samba 2.0.7 のオリジナル版を含むその他のバージョンや Samba本体には問題ない。

http://www.samba.gr.jp/news-release/2000/20000831-1.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×