Samba 2.0.7 日本語版のSWATに重大なセキュリティ上の問題があると発表(日本Sambaユーザ会) | ScanNetSecurity
2022.05.28(土)

Samba 2.0.7 日本語版のSWATに重大なセキュリティ上の問題があると発表(日本Sambaユーザ会)

 日本Sambaユーザ会は、Samba 2.0.7 日本語版のSWAT(Samba Web管理ツール)に重大なセキュリティ上の問題があると発表した。この問題は、SWATのCGIセッションのデバッグフラグを有効にしたままリリースしてしまったため、同ツール利用時のアカウントのパスワードがログ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本Sambaユーザ会は、Samba 2.0.7 日本語版のSWAT(Samba Web管理ツール)に重大なセキュリティ上の問題があると発表した。この問題は、SWATのCGIセッションのデバッグフラグを有効にしたままリリースしてしまったため、同ツール利用時のアカウントのパスワードがログに残ってしまうというもの。当面の回避方法としては、SWATを使わないか /tmp/cgi.log ファイルのアクセス権を600に、所有者をrootに修正することをあげている。また、同協会は修正したソースアーカイブやパッチも公開している。対象バージョンはSamba 2.0.7 日本語版(バージョン 0.98以降のCVSのスナップショットも含めてすべてのリビジョン)のSWAT。Samba 2.0.7 のオリジナル版を含むその他のバージョンや Samba本体には問題ない。

http://www.samba.gr.jp/news-release/2000/20000831-1.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×