危険度の高いExlploreZipワームの変種、「ExlploreZip.F」に対応(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

危険度の高いExlploreZipワームの変種、「ExlploreZip.F」に対応(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社シマンテックは9月13日、ワーム型ウイルス「W32.ExlploreZip.Worm」の変種である「W32.ExlploreZip.F.Worm」を発見し、対応するウイルス定義ファイルの無償配布を開始したと発表した。
 「ExlploreZip.F」はMicrosoft Outlook、Outlook Express、Microsoft Exchangeの受信トレイにある未読メールに対して「zipped_files.exe」という感染ファイルを添付し、自動的に返信する。また、ネットワーク上にあるWindowsのインストールされているコンピュータを探し出し、Windowsのディレクトリに自身をコピーし、WIN.INIファイルを変更する。
 このワームを実行した場合、Windowsのレジストリが書き換えられる。また、接続されているドライブや、ネットワークコンピュータ上にある、特定の拡張子のファイルを破壊する。その後、新規にファイルを作成してもワームが削除されない限り、それらの拡張子のファイルは破壊されつづける。同ワームのターゲットとなる拡張子は以下の通り。
「.h」「.c」「.cpp」「.asm」「.doc」「.ppt」「.xcl」

リリース
http://www.symantec.com/region/jp/news/year00/000913.html
ウイルス定義ファイルダウンロードサイト
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/download.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×