公開鍵暗号アルゴリズムの「RSA」をパブリック・ドメインとして公開(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2022.05.21(土)

公開鍵暗号アルゴリズムの「RSA」をパブリック・ドメインとして公開(米RSA Security)

 米RSA Security社は、公開鍵暗号アルゴリズムの「RSA」に関して、同社が所有していた特許行使権を放棄し、9月6日にパブリック・ドメインとしたと発表した。これにより同日以降、RSAアルゴリズムは、誰もが自由に利用できるようになった。同社は今後もRSAアルゴリズムの

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSA Security社は、公開鍵暗号アルゴリズムの「RSA」に関して、同社が所有していた特許行使権を放棄し、9月6日にパブリック・ドメインとしたと発表した。これにより同日以降、RSAアルゴリズムは、誰もが自由に利用できるようになった。同社は今後もRSAアルゴリズムの実装ならびに関連する暗号化技術を、「RSA BSAFE」という暗号化ツールキットの中で提供していくことを表明しており、CEOのアート・コビエロ氏は今回の公開を「市場が次の進化を遂げるための好スタートを切った象徴的な出来事」と位置づけ、「暗号化技術市場において、弊社のリーダーシップが揺るぐことは一切ありません。」というコメントを発表している。同社は過去17年間、RSAアルゴリズムに代表されるコンセプトをRSA BSAFE暗号化ツールキットとして具体化・製品化しており、アルゴリズムに改良が加えられると同時に、RSA BSAFEにパフォーマンスの向上や最適化など絶え間ない更新を行ってきた。その改善点は膨大な数となっている。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×