PalmOS用ウイルスデータ版プログラムを無償で提供開始(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

PalmOS用ウイルスデータ版プログラムを無償で提供開始(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米シマンテックは9月8日、PalmOS端末向けのウイルス対策プログラムを無償提供すると発表した。このベータ版(試用)プログラムは、PalmOS端末上でPalmのアプリケーションをローカルでスキャンし、ウィルスを発見するとユーザに削除するように注意を促す。一度このプログラムをインストールし起動すると、LiveUpdateのクライアントとして登録されるので、ユーザがPCとPalmOS端末の同期(HotSync)を図る際、最新のウィルス定義ファイルがダウンロードされ、端末側に自動的にインストールされる仕組みになっている。また、ウィルスだけでなく赤外線ポートやワイヤレスのインターネット接続で侵入してくる不正プログラムも検出できることが可能となる。同社は、このような自動化されたウイルス対策技術を「マルチレイヤ・プロテクション」と呼び、今後も提供していくとしている。

http://www.symantec.com/region/jp/news/year00/000908.html
データ版プログラム提供サイト(日本語)
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/palmscanner.html
データ版プログラム提供サイト(英語)
http://www.symantec.com/avcenter/palmscanner.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×