ポケモンウイルス米国で被害 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

ポケモンウイルス米国で被害

製品・サービス・業界動向 業界動向

 人気アニメ「ポケットモンスター」のキャラクター、ピカチュウを表示する「ピカチュウ」型ウイルスが、各メディアで報じられている。この「ピカチュウ」型ウイルスは、以前に「W32/Pikachu」または「Pokey」という名で発生してたもので、アンチウイルス各社は既に対応を済ませている。
同ウイルスは、「ピカチュウ」を模したアイコンになっており、実行ファイルの形でユーザーのもとに届く。この実行ファイルを実行した後で、システムを再起動するとファイルが削除されので注意が必要。尚、日本での感染は未だ報告されていない。

シー・エス・イー
http://www.cseltd.co.jp/security/sav/virusinfo/analyses/w32pikachua.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×