ワイヤレス情報機器向けウイルス対策製品を発表(エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

ワイヤレス情報機器向けウイルス対策製品を発表(エフ・セキュア)

 エフ・セキュア社は8月11日、英シンビアン社が開発・販売している携帯情報端末、多機能携帯電話向けOS「EPOC」に対応する世界初のアンチ・ウイルスデバイス「F-Secure AntiVirus for EPOC」を発表した。  シンビアン社の「EPOC」は広範囲なワイヤレス・アプリケーショ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 エフ・セキュア社は8月11日、英シンビアン社が開発・販売している携帯情報端末、多機能携帯電話向けOS「EPOC」に対応する世界初のアンチ・ウイルスデバイス「F-Secure AntiVirus for EPOC」を発表した。
 シンビアン社の「EPOC」は広範囲なワイヤレス・アプリケーションと通信機能を備えており、世界中の携帯電話の85%以上を製造している幾つかの企業にプラットフォームとして採用されている。
 「F-Secure AntiVirus for EPOC」は、稼動中にリアルタイムで、バイナリー・ウイルス、スクリプト言語ウイルス、トロイの木馬、メールボムから情報を保護する。また、同社の「モバイル・スキャナ・テクノロジー」が採用され、新種ウイルスが発生した直後に、同社の研究員が解析し、駆除できるようになっている。さらに同製品は、エフ・セキュア社のポリシー・マネジャを通じた集中型ポリシー・ベース管理という特性を備え、電波を介してアンチ・ウイルス機能をいつでも自動的にアップデートできるようになっている。
 同製品の早期利用可能プログラムは、適格なハードウェアのベンダ及びオペレータとの連携により、近々スタートする予定となっている。

http://www.f-secure.com/news/2000/news_2000080900.html (英文)
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×