セキュリティ設計評価支援ツールを発表(情報処理振興事業協会) | ScanNetSecurity
2020.11.26(木)

セキュリティ設計評価支援ツールを発表(情報処理振興事業協会)

 情報処理振興事業協会(IPA)は、セキュリティ設計評価支援ツールを公開した。ISO/IEC15408のセキュリティ要件に従ったIT製品/システム(TOE)開発を行うためには、セキュリティターゲットの作成と、TOEがターゲットに従って開発されていることを実証する開発文書の作

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会(IPA)は、セキュリティ設計評価支援ツールを公開した。ISO/IEC15408のセキュリティ要件に従ったIT製品/システム(TOE)開発を行うためには、セキュリティターゲットの作成と、TOEがターゲットに従って開発されていることを実証する開発文書の作成が必要となるが、同ツールはこの2つを支援するもの。入力された情報からセキュリティターゲットを作成し、印刷を行う「セキュリティターゲット作成機能」と、評価に必要な開発文書が漏れなく揃っているかをチェックする「セキュリティ評価文書管理機能」からなり、ISO/IEC15408が規定する評価保証レベルのEAL2からEAL4に対応している。同サイトから無償でダウンロード可能。

http://www.ipa.go.jp/security/ccj/tool/secevtooln.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×