暗号処理専用アクセラレータボード「CryptoSwift」を販売(技研商事インターナショナル) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

暗号処理専用アクセラレータボード「CryptoSwift」を販売(技研商事インターナショナル)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 技研商事インターナショナル株式会社は、米レインボーテクノロジーズ社が開発した暗号処理専用アクセラレータボード「CryptoSwift」を販売している。同ボードは、暗号演算を専用のプロセッサを介して処理するもので、サーバにかかる暗号演算処理の負荷を大幅に軽減するもの。1秒あたり最高600件のトランザクションを実行し、1024ビットのRSAトランザクションを5ミリ秒以下で処理できる。SSLやSET、IPSec、TLS、SSH、その他広く使われているセキュリティ・プロトコル、各種OS、サーバに対応。速度構成別に毎秒200および600トランザクションのタイプがあり、価格は91万円から。

http://www.giken.co.jp/pressrelease/cs/2000/7/0701.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×