4月〜6月に報告を受けた不正アクセス状況について発表(コンピュータ緊急対応センター) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

4月〜6月に報告を受けた不正アクセス状況について発表(コンピュータ緊急対応センター)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 コンピュータ緊急対応センター(JPCERT/CC)は、4月1日から6月30日までの間に同センターに届いたコンピュータ不正アクセス状況について発表した。報告件数は計718件。プローブ、スキャン、その他不審なアクセスが610件、電子メール配送プログラムへの、電子メールの中継を目的としたアクセスが27件、電子メールの送信ヘッダを詐称した電子メールの配送が30件、システムへの侵入が32件、ネットワークやホストの運用を妨害しようとするアクセスが8件、トロイの木馬などのウイルスが4件だった。

http://www.jpcert.or.jp/pr/2000/pr000003.txt

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×