通信暗号化ツール「CryptoDriver2000」と総合画像ツール「ステガノVision2000」を公開(DIGIKO) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.25(水)

通信暗号化ツール「CryptoDriver2000」と総合画像ツール「ステガノVision2000」を公開(DIGIKO)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 大学の研究者、企業の技術者などで構成されているオンラインソフト専門の開発グループ「DIGIKO」は、通信暗号化ツール「CryptoDriver2000」と総合画像ツール「ステガノVision2000」を公開したと発表した。今回公開された「CryptoDriver2000」は、FAX、メール、データ転送などの通信を暗号化できるソフトで、ボタンひとつでFAXやデータ転送を暗号化、ドラッグ&ドロップでメールやファイルを暗号化できる。また、同製品は次世代暗号AESに準じる鍵長256bitの本格的暗号アルゴリズムを採用している。

 「ステガノVision2000」は、電子透かし、ステガノグラフィ、マスキングなどの次世代画像ツール機能を持つ総合画像ソフトで、画像ファイルへの著作者情報(ID)の埋め込みや、各種ファイルの埋め込みが可能となっている。
 両ソフトととも、シェアウェアでベクターのサイトでダウンロードできる。
価格はどちらも、2,800円(税、手数料別)。

http://www.digiko2000.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×